広東語の形容詞

広東語の形容詞の作り方は、主語+形容詞の形でつくります。よく副詞「好」を付けくわえて、主語+「好」+形容詞の形で使われます。

例を見てみましょう。まずは単語から。

副詞   形容詞

/hou/

 とても、いい  

\mohng\

 忙しい  

/gei/

 多少  

\hoi\ \sam\

 幸せな 開心  
       

\gou\

高い  

\jan\

 本当に  

leng

 美しい  

 

我好開心/ngoh/ /hou/ \hoi\ \sam\ (私はとても幸せです。)

佢好靚/keuih/ /hou/ leng\ (彼女はとてもきれいです。)

佢好忙/keuih/ /hou/ \mohng\”(彼はとても忙しいです。)

広東語は形容詞と名詞の間に「嘅ge3」を場合があります。「嘅ge3」は日本語で「の」という意味です。
例を見てみましょう。

①可愛い犬→→→→
「得意dak1 yi3」+「嘅ge3」+「狗仔gau2 zhai2」

②美味しいお寿司→→→→
「好食hou2 sik6」+「嘅ge3」+「壽司sau3 si1」

③面白い映画→→→→
「好睇hou2 taai2」+「嘅ge3」+「戲hei3」

話者の文を強調したいときなどに使われます。